知らない者の強み


大阪の方言で「知らんもんの強み」=(知らない者の強み)とう言葉が有る。

歳を取ると余計にそれが出てしまう。羞恥心が無い訳でも無いが、知らない事を

覚えた方が得だからだが、傍迷惑に成っているかも知れない。

今まで筆を持つことはほとんど無かった。慶弔金の袋にお祝い、お供えと書く時

くらいで、一年間持たない年も有ったが、今は毎日筆を持っている。

元々字を書く事が苦手で、ワープロ、パソコンで凌いできたが、絵手紙の世界に

入門する時は、知らんもんの強みでやってきた。

当初はかなりプレッシャーは有ったが、毎日やっていると、それも段々と薄れて

きた。

絵手紙を使って婉曲に人に物が言えるような気がしてきた今日この頃です。

ひと様の絵手紙を味わっていたら、その意図と思いが感じられますね。

絵は口ほどに物を言う。


                       ご近所の表玄関で。
d0355280_10282680.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-06 03:17 | 絵手紙 | Comments(0)