絵手紙のデザイン


一時 知的財産権で中国、日本ではオリンピックマーク、演歌、歌謡曲で問題に

成った事がある。

デザイン、楽曲などで似ている、盗用などの理由で裁判まで行く事も有るが、

仕方の無い部分もある。

絵手紙は季節の行事、花、野菜、果物を題材にするので、どうしても同じ様な絵に

成ってしまう。そうなると添え書きが大切な要素と成りそうだ。

絵手紙の生涯学習講師の資格を取る時は、聞く処に因ると、今のところ、

一般社団法人日本絵手紙協会公認講師制度の一つしか方法が無いので、

そこを通過するためには、どうしても同じような傾向の絵に成りがちだと思う。

関係機関(健康福祉課 教育委員会)も、いろいろな方法で、色々違う感覚の

絵手紙で、絵手紙を楽しめるように絵手紙愛好者に門戸を開いてあげるべき

である。

人が考えて作る物で、真似では無いが、影響を受ける事はいくらでもある。

初心者の私などはお手本代わりに人様の絵手紙やそれの実務書を参考にする。

あまりソックリに出来上がったら、人様のを盗用したと言われる心配もある。

しかしそれが進歩、改良、レベルアップに繋がれば良い事ではないだろうか。

日本の文化、科学もその経路を経て来たと思う。

私の様な初心者でもインターネットで作品を見ていても、上手で個性的な方が

多く、努力、研究、切磋琢磨しているにもかかわらず、前述の理由で講師に

成れないで、不運をかこつている講師希望者は多い。

弟子入りしたい人は沢山いらっしゃるので、指導資格も変えて、通信講座でも開け

るようにすれば、双方が楽しく成るだろう。




d0355280_10075847.jpg



[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-12 04:45 | 絵手紙 | Comments(0)