5当4落


我々年寄りが高校生の頃、学校では5当4落という言葉を聞いた事がある。

意味は学校以外の勉強で5時間以上復習、予習をしている者は大学は通り、

4時間以下では滑ると言われていた。

今は4当5落で、睡眠時間が4時間で受かって、5時間寝た者は滑るらしい。

大変な事に成って来ている。

今の私の生活はパソコンを習いだした62歳の頃は6ヶ月間だけだったが、

それに近い状態でパソコンをいじっていた。

それに比べ、最近は根を詰めないで、それくらい絵手紙をやっている。

まだお迎えが来ないようなら、そこそこ面白いシニアライフに成りそうです。

おかしな話だが死ぬ間際に成って、これほど練習に時間を掛けられるとは

自分でも予想しなかった。

実のところは物忘れ防止の為にやっていたのだが、確実に物忘れは進んでいる様に

思うが、ある人が言うには、「自分でボケてきたと言う間は大丈夫だ」と言って

くれた。気休めかも知れないが、良いように取れば、こんな状態の中でこういう

事が出来るという事は感謝に値する事だと喜んでいる。


                          感謝の意味をこめて
d0355280_13225445.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-15 03:07 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)