先代:「君の名は」


昨年の後半にアニメ映画「君の名は」がヒットして今月で約250億円の興行

収入が有ったそうです。

1952年、今から65年前にも内容は全然違うが、同名の連続ラジオドラマが

大ヒットした。

当時は「君の名は」が始まるのは午後の8:00だったと思うが、内風呂の少な

かった時代で、お風呂屋さんに行っていた時代だが、その時間帯は、お風呂が

空っぽに成ったとよく言われた。

そしてそれが映画化されたが、当時の俳優は佐田啓二、岸恵子で主題歌は

織井茂子、彼女はこれを機会にどんどんヒット曲を連発した。その代表的なのが

「黒百合の歌」であった。

「黒百合は恋の花、愛する人に捧げれば、何時かは二人は結びつく」という歌詞

だったように記憶する。

当時黒百合と言うのだから真っ黒だと思い込んでいたが、後年何かの折に見て

驚いた事を記憶している。それが原因で若かりし頃の失敗に終わったのかも

知れない。
                 下記の写真が黒百合である。
d0355280_14084650.jpg


d0355280_14034066.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-23 05:09 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)