成長は未熟者の特権である


世の中には親の見る目が無かったのか、期待と愛情を掛けた子供に、身代を潰され

たり、家の助けをしない不詳の子に成ってしまう話をよく聞く。

反対にあまり期待されなかった子供が親を助け、家業を盛り上げて、最後は

その子に世話に成る事も多い。

人は今の時点で未熟で、役に立たなくても、親が目を掛け、見守ってやっておれば

必ず成長するものだ。

なまじっか、現在の学校の成績がよく、頭が良いと自慢の息子、娘でも最後は

どうなるか分らない。

花、野菜、果物などと比較するのもおかしいが、そんな気持ちで世話をすれば、

立派なものになる。生産者の心掛け一つである。

成長は未熟者の特権である。親も本人もその気持ちを持ち続けられるかである。

d0355280_11430807.jpg





[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-30 05:20 | 絵手紙 | Comments(0)