人の評価や真の値打ちは、その人が生きている間は判らないと言われている。


政治家や画家などは特にその部類に入る人達だ。


田中角栄は日本列島改造論で脚光を浴びて以来、栄光と名誉な政治人生を歩んでいたが、


ピーナッツ事件以後は惨めな晩年と成った。
没後20年以上を経ても、まだまだ彼を認めて

いる人は多い。


画家では生前、死後共に評価されず、没後何十年、何百年経ってから
評価されて名が出てくる

人もいる。


あなたの作品は今は無名でも、あの世に行ってからの評価は素晴らしい名声を得るかもしれない。


絵手紙もそうはならないと言い切る人は居ないだろう。正解はこれから先に
なるので、絵手紙を貰った人は

大事に取って置こう。

d0355280_15351306.jpg


[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-29 05:11 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

敬遠の4球


最近、夫婦の間の会話で、会話の内容ですれ違う事が多く成った。
お互いの意見、考え方が

はっきりしていて主張、対立するのでも無い。


単に理解力の問題で、「そんな事を言っているのではない」と言いたいのだが、
話が長引く

ので、こちらが黙して語らず、適当に終わらす。


野球に敬遠という行為がある。その敬遠も全然ボールを投げないで敬遠にする
ルールも

あるらしい。


以前、政治問題のブログを投稿していた頃にコメントを貰う事がよく有ったが、

貰ったコメントと投稿したブログとの間に論点の違いを理解してくれない人がたまに居る。

「そんな事を言っているのではない」と言いたいのだが、理解してもらえないで、

敬遠の
四球にしてしまう。負けるが勝ちもひとつの策かもしれない。

その点、絵手紙は楽しい。「面白い、同感、納得、上手」と、自分では今回は

不味かったなーで終われる。

しかしイイネボタンを押していただいて、甘えていては上手くはならないのは確かだ。


d0355280_11554184.jpg


[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-28 04:57 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

人手不足と企業の力


経済の盛んな国なら、どこの国でも悩んでいる事が有るが、やはり人手の問題と移民問題であろう。

それと最近目につき出したのが、良い事だが女性の進出だ。

宅配業界(運転、配達)、寿司業界(にぎり)など本来男性が行っていた仕事を女性がやり始めた。

それと並行して盛んなのがロボット化で、人しかできなかったノウハウをロボットがやり出した。

それも中途半端なものでは無い。その内、気遣いまでやってしまうロボットが出てくるだろう。

人間はおちおちしておれなくなる。人手が不足気味なので、ちょっと不心得な人であれば、外国人、

女性、高齢者、究極はロボットに取って代わられない様にしよう。

ベゴニアワッパ

d0355280_10095678.jpg

<
[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-27 04:25 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

よく似たもの


兄の法事の時に、義姉側のお参りに来られた女性が、私の顔を見て
絶句していた。

後で聞いた話では、死んだはずの兄がそこに立って、話をしていると勘違いしたそうだ。

世の中には自分と瓜二つの人が必ず居ると
言われているが、それだったようだ。

兄弟だから似ていても不思議では無いが、酷似していたらゾッとするだろう。

花を色々描いていると以前に描いた花と混同して分らなく成る事がよくある。

西瓜の花を描いていて、キウリの花がよくにている様に
感じたがそれかも知れない。


キュウリとよく似た西瓜の花
d0355280_13431110.jpg




[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-26 04:33 | 絵手紙 | Comments(0)

大きくなるまでは


一部の保育所の給食の量が極端に少ないので、問題になっている。

保育児には食べる量の少ない子や好き嫌いの多い子、食べることに集中できない子などが居るが、

それらの子は全てではないのに、それを基準に量を決めている保育所があるようだが、経営者の思惑は

別のところにある。

我々が木や花を育てる時は、逆に肥料や水のやり過ぎで失敗することが多い。

最近、花は咲くが実がならない、実が大きく成るまでに落ちる、最悪なのは花が咲かない場合がある。

いろいろネットで調べたら、まだ実を育てる体力がついていない、人で言うなら、子供を産める体に成って

いない状態、時期であたる。

そこで試みとして、土の入れ替えは大変なので土壌の改良を始めた。成長過程の状態に変化が出てきたことは

確かなようだが、来年の春が楽しみだ。人も花木も同じようだ。必要としているときに必要な栄養、肥料が

適量与えることが原則であり鉄則だと感じた。

d0355280_09350028.jpg




[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-25 05:04 | 終活中:シニアライフ | Comments(2)

八十肩は痛い


雨が降って生き生きするのはアジサイだが、梅雨入りはうっとおしいと思う人は多い。

天候が悪ければ体調も悪くなる事も有るだろう。

先だって左肩が痛かったが、今は右肩に移り、四十肩は30年以上も前にやっている

ので、多分八十肩だろう。

辛抱出来ず大阪市立病院の皮膚科の担当医師が、院内紹介でリュウマチ科を手配してくれた。

木曜日は其の診察と検査の日で、予約したにも関わらず待ち時間を入れて5時間掛かった。

リュウマチと関節痛を一括りにして、その原因が4つ位あるそうだが、皮膚病の

乾癬がその原因と成る症例があるそうだ。単に使い過ぎ、使い痛みだけではないそうだ。

血液検査5本、レントゲン(首、肩、背骨、手、股関節、足、脚、胸)20枚は撮ったと思う。

治ってもあと余命わずかなのにと思いながら、PM3時半の昼飯を牛丼の吉野家で済ませた。

久し振りなのと空腹なので美味しかった。

d0355280_11050253.jpg




[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-24 05:09 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

婚姻と離婚

ロシアの離婚率の高いのはさて置いて、アメリカの2位は当然だと思うが、意外なのは、

あの気の多いイタリア人の低いのには驚いた。

人口1000人に対してアメリカは 婚姻 6.8  /  離婚 3.6

             日 本    5.2  /     1.77

日本は3組に1組は別れている。日本も敗戦後はアメリカナイズされて多く成ったものだ。

神前で必ず誓っているが、いまや形骸化されている。

男女の立場の違いによって離婚理由は少し違うが、一位は性格の不一致だそうだ。

これは短い交際期間ではお互い発見出来ない事も有るし、結婚後にお互いが変わるかも

知れない。愛は絶対ではない。

d0355280_14355548.jpg

              

[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-23 04:20 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

常備薬


リタイアーするまでは常備薬と言えば薬局かドラッグストアーでの買い置きを

していたが、健康保険が利かない。

最近では風邪を引いた時用に掛かり付けの医院で少し多めに薬を貰って、

それを常備薬にしている。これは大変有効です。

3年前の正月に風邪を引き熱を出してしまい、難儀した事に懲りて、年末には必ず

常備薬を補充しておく。

この薬は自分にはよく合うので、安心して飲めるし、初期の症状で、掛かりそうだと

思えばすぐに飲める。これで良くなり診察を受ける事は大変少なく成った。

これでこじらす事は無く、国の出費を減らしているつもりだが、余分に使っていると

言われそうでもある。

d0355280_07375748.jpg


[PR]
# by crazy-sniper | 2017-06-22 02:12 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)