カテゴリ:終活中:シニアライフ( 137 )

ひょうたん割り


われわれの子供時代は戦後で、まだ今の様に娯楽関係が盛んで無い時期、

夏の夜店を楽しみにしたものです。


月三回、近所の商店街に6の付く日は夜店が立ち並んだ。


親から貰った少額のお小遣いを握って夜店に出掛けたものです。


買う物はいつも決まっていたが、「ひょうたん割り」と言って、


アメの板にひょうたんの形をした図柄が型抜きしてあり、それを


割らずに外したら賞品を貰えるのだ。舐って溶かしては違反で、


結構難しかった。


70
年経った今でも鮮明に覚えている。暑い夏の夜はそんな事を
思い出す。



昔は子供の娯楽は少なかったが、今の様にいじめられたことは無かった。



d0355280_06360405.jpg

d0355280_06354187.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-08-02 05:09 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

程々に


「則を超えず」物事には限度を超えず、程々にという言葉がある。


最近の政治家は 

 
①則を超えず を忘れてしまっているのと  
②空気を読めない人が多い。


両方に該当する人は安倍総理、蓮舫氏である。


彼女の場合は気が付いたら、自分の周りに誰も居らないのに
党首続投を宣言していた。

党首に成った時も幹事長に民進党政権を潰した確信犯の野田どじょう君を抜擢した。

蓮舫は辞任会見の時、指導力不足と言っていたが、それ以前に党員の気持ちを読めていない。


  ① の「則を超えず」は政治家が権力を持つと、だいたいこれに陥る。
  
  石原、舛添、安倍等、彼らはそれぞれ権力病にかかったと言っていい。
  
  診察するのは有権者なのだから、重症にならない為にも常に健康診断を
怠ってはならない。
  
  石原は健康診断の回数は多かったのに都民は誤診した。

  国民は安倍首相をしっかり健康診断しなければならない。今がその時期だ。
  
  三人に共通している事は、誰もそれに気が付いていないし謝っていない。
  
  悪い事をしている意識が無いのだ。だから健康診断が必要なのだ。

  この暑い時に暑苦しい事ばかり起こっている。寒くなる様な事は北朝鮮で起こっているが、

  涼しく成る話はない。


d0355280_12485920.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-08-01 03:56 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

鳥や虫も頭を使っている


先だってカラスに勘違いされて、約一ヶ月追い回されたが、巣立ちと


同時に止まった。


今、早朝から蝉が当家の庭に来て、騒いでいる。前の公園では夏休みの


子供たちが蝉を捕りに来るので、年寄りの我々の家の庭に避難しに来る。


2
年前に大枝を剪定したので、鳥や蝉が来なく成ったが、ようやく枝葉が


増えて隠れやすく成ったので戻ってきた。このように昆虫や鳥も結構


頭を使っているようだ。


蝉の音のピークを長年研究されている方が今年のピークは
7
月29日と


10日位前に予想されていたが、どうも当たっているように思います。


ある期間の積算気温から予想されるそうです。


何でも研究しているのだなー、感心する事しきり。


朱墨を使いました。
d0355280_06280395.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-31 05:19 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

下駄を履かせた結果


稲田朋美防衛大臣がやっと辞任した。その兆候が出始めたのは


昨年の終戦記念日の靖国神社の参拝中止当時から始まった様に思う。


この辺りから任命者の安倍総理は心配を自覚し出したと思う。


暮れに日本に置いていたら問題を起こしそうな気配が有ったのか、


安倍さんはハワイの真珠湾の慰霊祭に連れて行った。そして帰国早々


彼女は靖国神社の参拝を行ったのだ。


この時の彼女の行動が安倍さんをがっかりさせたと聞いている。


自分が惚れこんで、下駄を履かせてまでして防衛大臣にしたのに、


さすがにこの時は、側近や周辺にクレームを隠そうとしなかった。


下駄も下駄だが超高下駄を履かせて来た弊害が出てしまった感じである。


ここまでして高下駄を履かせて重要ポストの大臣に祭り上げたのは、


自分へのリスクをも考えずに、日本に女性大臣の比率を上げる事を


やったのは義務感だけでは無いだろう。


彼の好みと勘繰られてもやむを得ない。

d0355280_15054271.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-30 05:01 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

褒め言葉


「斬新な」とか「個性的」という言葉は、評価が困難な時に使うと


あるコメンテータが言っていたが、便利な言葉である。


テレビの料理番組で「斬新な」とか「個性的」な料理では経験上、


ある程度の事は推測できる。試しにその通り調理して口に合わなければ、


味付けを変えればある程度好みの味が可能だ。


アート作品などで「斬新な」とか「個性的」作品と評価されたら、どちらに


取ったら良いか、迷う事がある。斬新、個性的が奇抜、へんてこりん、


奇をてらう、そういう感じで言われて居るかもしれない。


そのような批評が付けば、おおかたはご本人も良い方に感じてしまう。


大人を褒める事は難しい事なのだ。

d0355280_17464776.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-28 03:46 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)


民進党議員が党首選挙の時に蓮舫を選んだ事が理解出来なかったが、いまだに

その思いは変わらない。


なぜ蓮舫を選んだのか? 他に適任者がいなかったからというなら
一部で言われていた

解党が妥当だ。


蓮舫の人気にあやかろうというのなら、政治家として日本の現状が
分っていなかった

のだろう。
たとえ人気が有るとしても彼女を否定する事柄がワンサと有った。


黒い人物との噂、台湾国籍問題、党首としての能力不足、どれを取っても
党首の選出の

選択肢から外れる。
彼女は政治家として人気が有るのか? それは no !! ” だ。


他の人気は有るとしても、極一部の人達の人気で、政治とは無縁の
人気だ。

民進党よ‼ 早く目を覚ませ!!

d0355280_15460699.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-27 04:46 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

遅すぎた横審のクレーム


やっと横審から白鵬の張り手にクレームが出た。


数年前より数社のブログで非難したが反応は少なかった。白鵬を抱えている


部屋の親方はどんな考えをしているのか聞きたいものだ。


相撲の手に有るから違反じゃ無いが、横綱として、それも最強で、


角界トップの座に居る力士がこんな有様では、今後日本の相撲界が心配だ。


出来れば禁じ手にすべき技だ。


横審のクレームは遅すぎた。その上、この横綱は感情が強く顔に出て、


発言が横綱として間違っている。ある意味では、まだ朝青龍の方がましかもしれない。


それ以上に相撲協会は何をしているのか。引退を危惧されている鶴竜の方が


横綱の品格は上だと思っている。


外国人力士でもより日本人らしい力士は沢山居る。


常々思っているが、彼だけには日本国籍を与えないで、引退後は親方に


させないで欲しい。悪しき横綱の影響を少しでも日本に残させない為にも。

d0355280_20174617.jpg



[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-26 05:07 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

蝶々の産卵場所


色んな蝶が飛んで来て産卵して行く。産卵する場所は決まって


柑橘類の新芽に限られている。


実生で大きく成った(1
.2mから30cm)デコポン(不知火)セミノール、


津の誉れ、アメリカ産のオレンジ等有るが、決まってそこに産み付ける。


毎日その卵を小まめに取り除いている。


取り残したり、手を抜くとすぐに、ふ化して新芽をむさぼり食うので、


樹は無残な状態に成ってしまう。


動物愛護の精神は十二分にあるが、これには耐えられない。


人間、偉そうに言っていてもイデオロギーと行動は一致しないものだ。


御免、残酷な事をして。

d0355280_06381948.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-25 05:10 | 終活中:シニアライフ | Comments(2)

食い意地は治らない


食べている時が一番幸せという人は結構居る。私もその一人だ。

医師から間食を減らすように言われているが、家でおやつを目にすると、つい手が出てしまう。

これは医者では治らない、自分との闘いである。だいたいいつも負け戦に終わっている。

そんなにお腹が空いている訳では無いし、そんなに欲しいという状態でも無いのに手が出てしまう。

お互い、いい歳に成っているので、干渉しない不文律でやっているので、家内がよく「てんやもん」を

買うのも干渉しないからこんな状態になったのだろう。

最近私が絵手紙を始めたので、私はコーナンに言って花を買うが、予算が切れてくると売場で写真を

撮ってくる。家内は野菜や、果物の初物だ出たら買ってきてくれる。

初物と思って描いていたら「3度目のブドウですよ」と言われた。

初物を描いてから食べて長生きの足しにしているが、長生きしてもボケてはねー。


d0355280_19094774.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-24 05:07 | 終活中:シニアライフ | Comments(1)

行動力


人には性格的に何事もてきぱきとこなす人とその逆の人が居る。

てきぱき派は自分の事だけではなく、他人様の事でもさっさと片付けてしまう。

そんな人は往々にして二通りの評価をうける。

一つは「行動的だ」と好意的に、二つ目は「厚かましい」そこまでやらなくてもと。

我々位の年に成れば、ある程度世間の事は判っているし、羞恥心、遠慮も減って

いるし、ボケも進行しているので、二つ目に陥り易い。

高齢者と呼ばれるまでの人で、行動的と言われる人は、二つとも持ち合わせていると

思われている事が多い。

本人は気が付いていないが、意外と人に言われても「そんなつもりでやっているの

ではない」と言うだろう。それを指摘する勇気の有る人は少ない。

われわれ高齢者は、自分を含め気、を付けねばと思っております。


花はセイロンライティア(コーナン天王寺店)
d0355280_16412397.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-23 05:09 | 終活中:シニアライフ | Comments(2)