タグ:世の中 ( 103 ) タグの人気記事


民進党議員が党首選挙の時に蓮舫を選んだ事が理解出来なかったが、いまだに

その思いは変わらない。


なぜ蓮舫を選んだのか? 他に適任者がいなかったからというなら
一部で言われていた

解党が妥当だ。


蓮舫の人気にあやかろうというのなら、政治家として日本の現状が
分っていなかった

のだろう。
たとえ人気が有るとしても彼女を否定する事柄がワンサと有った。


黒い人物との噂、台湾国籍問題、党首としての能力不足、どれを取っても
党首の選出の

選択肢から外れる。
彼女は政治家として人気が有るのか? それは no !! ” だ。


他の人気は有るとしても、極一部の人達の人気で、政治とは無縁の
人気だ。

民進党よ‼ 早く目を覚ませ!!

d0355280_15460699.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-27 04:46 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

蝶々の産卵場所


色んな蝶が飛んで来て産卵して行く。産卵する場所は決まって


柑橘類の新芽に限られている。


実生で大きく成った(1
.2mから30cm)デコポン(不知火)セミノール、


津の誉れ、アメリカ産のオレンジ等有るが、決まってそこに産み付ける。


毎日その卵を小まめに取り除いている。


取り残したり、手を抜くとすぐに、ふ化して新芽をむさぼり食うので、


樹は無残な状態に成ってしまう。


動物愛護の精神は十二分にあるが、これには耐えられない。


人間、偉そうに言っていてもイデオロギーと行動は一致しないものだ。


御免、残酷な事をして。

d0355280_06381948.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-25 05:10 | 終活中:シニアライフ | Comments(2)

行動力


人には性格的に何事もてきぱきとこなす人とその逆の人が居る。

てきぱき派は自分の事だけではなく、他人様の事でもさっさと片付けてしまう。

そんな人は往々にして二通りの評価をうける。

一つは「行動的だ」と好意的に、二つ目は「厚かましい」そこまでやらなくてもと。

我々位の年に成れば、ある程度世間の事は判っているし、羞恥心、遠慮も減って

いるし、ボケも進行しているので、二つ目に陥り易い。

高齢者と呼ばれるまでの人で、行動的と言われる人は、二つとも持ち合わせていると

思われている事が多い。

本人は気が付いていないが、意外と人に言われても「そんなつもりでやっているの

ではない」と言うだろう。それを指摘する勇気の有る人は少ない。

われわれ高齢者は、自分を含め気、を付けねばと思っております。


花はセイロンライティア(コーナン天王寺店)
d0355280_16412397.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-23 05:09 | 終活中:シニアライフ | Comments(2)

亀井先生の暴言


先日亀井静香先生が「
有権者がアホだからアホな政治家しか出てこない」と




仰った。最近は不倫、失言、暴言、隠ぺい、エスケープなど問題議員が




続出している事を指して言っているのだろう。




それを有権者のセイにしているが、「その極みは私です」と言えば説得力が




あるのだが、そこまでは言わないのは無責任の極みだ。




解決方法はいくらでもある。自分達がやるのが嫌だったからやらなかっただけだ。




政治家が法律を作っているのだから、それぐらいの事は簡単に出来る筈だ。




悪いことをした議員を辞めさす法律をもっと作ればすぐに片付く。簡単な事だ。



特に目を引く議員が女性だから彼の目に留まったのであろう。




上西議員は心の中では、次は無いと思っているから、タレントに成るための




自己宣伝をやっているに過ぎない。




亀井先生!次からはしっかり選んで上西の様なもの(物)は選ばず、




貴方のような立派な議員様を選びます。



 ※ 行列の出来るパン屋:メゾンカイザーのマカデミアンナッツ

d0355280_21091336.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-22 05:03 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)


近い将来、安倍さんは憲法改正の国民投票をやりたいだろう。


しかしそれは議員数が2
/3以上有る状態で尚且つ自民党の支持率が今の様に1/3以下に

落ち込んでいる様では無理だろう。


憲法改正の内容は別として改正のアンケート調査では60%以上の
賛成が見込める

調査結果が出たのが、安倍さんの驕りと油断に繋がって、
今日の急落につながった

のであろう。


世界の国民投票の例から推測するに、人気は落ちた自民党でも、
その受け皿の無い

現状では、国民投票=政権支持投票になる傾向があり、
野党が反対する憲法改正が、

政権支持と憲法改正は別物だという意識を
有権者に植え付けられるかが勝負の

分かれ目だ。

そこを自民党は逆手にとって
解散総選挙を行い、争点を憲法改正にすり替えて、

落ち目の自民党を
復活させようとしている。それも8月の内閣改造の結果に因ると

いう意見もある。


しかし今の状況を考えれば、もう安倍政権で国民投票まで持って行けないし、

改憲案を抱えて安倍さんは総理辞任というケースに成りかねない。

責任を取らざるを得なくなるのは必至であろう。

発言力もだんだん落ちて来ている。

d0355280_16513424.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-21 05:06 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

夏休み


いよいよ夏休みが始まります。


本人は勿論、爺ちゃん婆ちゃんも首を長くして待っていたでしょう。


我々高齢者の体力の実感としては、一緒に居たい気持ちと相反して、


孫とのお付き合いは2泊3日が限界だろう。あまり贅沢な事を言っていたら


もう来なくなるのも時間の問題かもしれない。

d0355280_13553381.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-20 13:57 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)


人の数だけ人生(生き方)がある。お迎えが近づいた今になって


振り返るのは遅すぎたが、最悪だったと思うのと、あの環境の下では


上出来だと思う心が錯綜する。

しかし考え様で、今が良ければ全て
良しと思えたらそれで良しという宗教的な

境地の中に居る事も否定できない。


先日亡く成られた日野原先生は恐らく良い人生(105歳)を送られたと思います。

タイトルの「生きがいとは、 自分を徹底的に大事にする事から始まる。」

という言葉は日野原先生が日頃仰っていた言葉と聞いております。

何事をする時でも生甲斐を感じる事が大切だということです。

一つだけ先生の生活習慣を真似している事があります。


朝食の牛乳の中に大豆レシチンを入れて飲む事です。もう2年近くなります。


それぐらいしか真似の出来ない立派な人でした。

d0355280_13580253.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-20 04:44 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

風鈴草


離婚問題で日本の俳優がトラブっているが、原因は不倫問題とおおかたは
相場が

決まっている。


最近聞いた話だが、アメリカの場合は渡部謙 位の俳優に成れば、一度離婚したら


再婚しないで、独身で居る方が良いらしい。


理由は色々ある有るだろうが、俳優という仕事をしながら、遊びたいのであれば、


何も、わざわざ再婚する事は無いという考えらしい。

結婚しないで恋人でいる方が
新鮮で、結婚してしまえば自由が少なく成り、不自由と成る。


離婚する時はパワーが要るし、トラブル、慰謝料、財産分与を考えたら再婚はしない、


考えられないと言った米俳優が多いそうだ。


財産が有ればそうなるのだろうか。良く分からないが離婚率は日本の一般人も


増えてきている。

d0355280_20514790.jpg



[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-19 05:02 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

境界線


お隣の売りに出ていた文化住宅(築50年程度)が売れた。


取り壊した後、三階建て2戸を立てる予定らしく、測量に立ち会った。


暑い季節の建て替えは、お互い大変な事だと思うが、昔と違いそんなに


長期にわたる工事とはならないのだが、買った方は少しでも広く建てたいだろう。


そうなると大阪などは境界線いっぱい近くまで建てるだろう。


我が家の建て替え時は境界線より50cmあやまって(引っ込めて)建てたが、

一戸建ての魅力は
騒音が聞こえにくく成る事以外に、昨晩のニュースで言っていたが、

この
温暖化で、密集地の夏場の家の外壁の高温化が指摘されていた。夜に成っても




温度が下がらないらしい。良心的な建築主が来てくれることを祈るばかりだ。



d0355280_13303024.jpg



[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-18 05:03 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)


ご近所では犬の放し飼いは無いが、猫はたいがい放し飼いだ。


以前当家にも友達の猫がいたので、未だに塀づたいに猫たちが覗きに
来てくれる。


冬はエアコンの室外機の上、夏は風通しの良い、樹の下の塀の上で
寝そべって、

こちらの様子を見ている。


我々が歳を取って動作も遅いの知ってか、近づいても猫はのんびりして逃げもしない。


家内は「馬鹿にしている」怒っているが落ち着いたものだ。


こんな風景を平和なものだと感じる今日この頃です。

d0355280_22413418.jpg


7月の水墨画教室では、画題は「菊の花」でした。


水墨画には色々取決めの様なものが有って、一枚の花びらの先端が重なったものが

ダリヤで、少し開いているのが菊というので、そこの線を書き違えると
違う花に

成ってしまう。ある意味合理性の表れなのだろう。


私などはスケッチをする時、そのまま、全て書こうとするが、デッサンのセンスが


有れば、取捨選択して描けば良いものを、それが出来ない。


水墨画はどれ位練習が必要かを先生に尋ねたら、3日に一回、週に2回が最適らしい。

使用する紙は練習紙では無く、早く上達するには、本番用の色紙を使うべきだ

というのが持論らしい。


今のところ絵手紙で手いっぱいなので、もう少し慣れたら、週2にしようと思う。


ある程度の水準までの到達期限は1年と目標を置いているが、先生の話では、


集中力を以てすれば半年で到達できるそうだが、それは私にはほとんど無理だ。


緊張したら手が震えてしまう。こんな時にも歳が顔を出す。


d0355280_05234958.jpg


























[PR]
by crazy-sniper | 2017-07-15 05:03 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)