タグ:世の中 ( 100 ) タグの人気記事

ノウハウの有無と違い

また俳優の未成年に対する飲酒、淫行、強姦がメディア関係で大きく取り上げられ

ている。

高畑裕太、狩野英孝、小出恵介などほとんどの関係者は彼等の素行の悪さは

周知の事だが、業界関係者、マネージャー、会社側は手を打ってこなかった。

今回の小出の事件では、株価も下がりその減額分だけでも20億円に達する

そうだ。

その他の契約不履行による損害賠償は数億円とも言われながら、所属会社は

危機管理を怠っていたか、頭に無かったのであろう。

昔から歌舞伎界もそれに近いようなスキャンダラスな話題は付き物であるが、

大事に成らずに処理?されている。これは長い歴史をもつ業界だから、不文律の

ノウハウが有り、火を消すことが上手いのだろう。商品の所属タレントより

会社が大事なら、それぐらいの経費と気遣いを掛けるべきだろう。

d0355280_19532758.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-06-12 05:04 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

ねたみは歳を取らない


ねたみは歳を取らないという事を最近感じた出来事が有った。

要は親もその子も同じ様な妬みを持っていて、内にしまっておく事が出来ず、

相手に言ってしまうのだ。

自分より(我が子より)レベルが下だと思っていたのに、良い成績、良い学校に

パスしてしまった子に対して、親子共々妬みと反感を持っていていじめをする。

勉強だけではない。人気や評判に対しても同様だ。

そう言う親子は自分は勉強が優秀だ=人気が有る、もてる(男女ともに)と

思い込んでそのような扱いを受けたいのだ。

勉強が出来ること位で人がちやほやして寄って来るという勘違いが、その人達の

人生を狂わし周りの人を不幸にする。

こういう勘違いは誰もその人達に言えないし、言わないので、彼らは知る由も

ないし、成長は止まったままだ。学校だけに留まらない。意外と色々な処に

居るものだ。

d0355280_13033363.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-06-07 05:25 | 絵手紙 | Comments(0)


若い頃はほとんど漬物は食べなかった。どんな時に食べたかと言えば、食事中に

おかずが少なかったり、作ったおかずが気に入らなかったりした時は、つくだ煮、

味付け海苔、最後は漬物であった。

そういう肉主体の食生活をしていたので体質もそうなってしまった。

最近では高齢者には粗食が最適だという医師もいるくらいだ。

最近の味噌は塩分は少なく、血圧に影響しにくいし、元々漬物には乳酸菌が

多く、腸内環境に良いので、メインの料理を減らしてでも、漬物類を増やして

いる。もっと早くからやって置けば良かったと思う。

何といっても漬物は美味しい。

d0355280_15564210.jpg




[PR]
by crazy-sniper | 2017-06-06 04:51 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

好き嫌い


世の中にはあまり好きでは無いがファンだという人がいる。

何故かと色々考えた結果、その人物には他に類も見ない才能が有るとか、

人間性はスカンがあの判断力や美貌が素晴らしいとか。またその逆もある。

そうした人達の一人に元中日監督の落合 博満氏がいる。

私は彼の才能は認めていたが、家内は彼を良くは思ってはいない。...

人それぞれで、スイカは瓜臭くて嫌いだという次女はキュウリも食べない。

私はスイカもキュウリも大好きだ。

人間誰でも欠点は有る。一つの欠点で人を嫌いに成っていては、誰も好きに成れ

ないし生きていけない。みんなそんなところで折り合って生きている。

そうは言っても我慢できない人もいる。そんな人達はまた離れていく。

d0355280_07162730.jpg
 

[PR]
by crazy-sniper | 2017-06-05 04:38 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

標準で十分


子供の頃からサラリーマンに成った時まで、あまりいじめられた記憶は無い。

別に腕力も強くは無いし、処世術も上手い方でも無い。出来るだけ仲良く成れる

人と付き合う。この歳に成った今から考えると、案外それが良かったのかも

知れない。

世間ではよく勘違いしている人は、全ての人と仲良く成り、気に入られたいと

思っている人も居る。料理でもそうだ。すべての人が美味しいと言ってくれる

事は無い。味付けは悪くないが、素材が嫌いだという。これはどうしようもない。

相手にも選ぶ権利はある。友達なら20%選べたら最高だ。

私なら1%でも良い。良いお付き合いが出来れば人数は少なくても、それで良い。

自分で言うのもなんだが、私は親にとって、あまり手の掛からない子であったと

自分では思っている。喧嘩はしないし、いじめられる事も無い。成績はそれなりの

程度で、先生から文句も来ない。要は標準タイプだったのだろう。

一般向きする少し甘めの味付けである。



d0355280_06362360.jpg




[PR]
by crazy-sniper | 2017-06-01 04:57 | 絵手紙 | Comments(0)


世の中には親の見る目が無かったのか、期待と愛情を掛けた子供に、身代を潰され

たり、家の助けをしない不詳の子に成ってしまう話をよく聞く。

反対にあまり期待されなかった子供が親を助け、家業を盛り上げて、最後は

その子に世話に成る事も多い。

人は今の時点で未熟で、役に立たなくても、親が目を掛け、見守ってやっておれば

必ず成長するものだ。

なまじっか、現在の学校の成績がよく、頭が良いと自慢の息子、娘でも最後は

どうなるか分らない。

花、野菜、果物などと比較するのもおかしいが、そんな気持ちで世話をすれば、

立派なものになる。生産者の心掛け一つである。

成長は未熟者の特権である。親も本人もその気持ちを持ち続けられるかである。

d0355280_11430807.jpg





[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-30 05:20 | 絵手紙 | Comments(0)

物は思い様


歳を重ねると自分の考え方が固まって来る。時には相手と相容れ

ない時もある。

他人でも、身内でも起こる。そこでもめても仕方の無い事だし、

そんな時はそれ以上
こじらせるのも大人気ない。


お互い相手を見る目が無かったと思えば、それで終わる。

もめた時の解決法だ。

振られた時はこれが一番速い。ショックから覚める復元力は抜群で

ある。回を重ねる毎に時間は短く成る。ヶ月が3時間で済む。

若かりし頃の経験からと言っていた人が居た。



d0355280_20400924.jpg
若かりし頃の経験から


[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-28 04:41 | 絵手紙 | Comments(0)

CM出演者の最低限の責任


我々シニア世代は行動範囲が限定されるので、ついテレビCMの情報を信じて

しまう事が多く成った。

CM出演の多いタレントなどは人気、知名度の有るうちにとCMに出まくって

いる。

テレビのおかげ?でシニアも情報量が増えたので、家内もCMを見て買い物をする

事も有るらしいが、誰々が宣伝していた何々は不味いとか美味いとか、便利だ、

よく効くと言っている。

家内のCMの感想から言えば、マツコデラックスのCMされた商品は

「まーいける」と言っていた。鶴瓶は自分がやったカレーのCMのメーカーを

知らないらしい。客にも、スポンサーにも失礼な話である。

それに以前、政治家でもあった経済評論家が某社の広告塔と成り、投資家に

莫大な損害を与えたという話もある。この種の広告塔は演歌歌手で仲間からも

ピンハネしていたことで干され、紅白からも外されたのも居る。

CM出演者の最低限の責任は食物なら食べてみて、道具なら使ってみてから

良いと判断してからCMを引き受けるべきだ。

梅沢富美男さんは20本以上オファーが有ったが一本も決まらなかったそうだ。

上記の理由で断ったのであれば、立派な事だ。番組出演で稼いでください。

引き受けた契約を降ろされる様な悪い事だけはしない事だ。有名だからといって

彼らに特権は無い。


d0355280_10550829.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-26 05:14 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

ブログでの人とのやり取りは文字で意思を伝え合っていますが、私には会話

なのです。文字形式の会話、筆談なのです。絵手紙のブログを立ち上げるまでの

私のブログは、文字は文通の役割しか無かった様な気がしました。

exciteブログではその辺の切り替えが、まだまだ完全に出来ておらない事を

感じております。話す事の楽しさを感じるには目の前に人が居なくとも、

文通では無く、それが文字であっても会話を意識できなければならないと

思います。

高齢者は日々会話が減っていきます。そうなると普段でも上手くしゃべれなく

成る事を最近近隣の男性二人から感じ取りました。

文通は出来ても会話は出来ない。ブログ内でも話す機会を出来るだけ探します。

せっかくこういうシステムが有るのに。

d0355280_06514188.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-25 05:18 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

無意識の行動

慣れからくる事なのか分らないが、永く生きていると無意識のうちにやって

しまう事がある。また毎日使っている物で、構造を理解しないで使っている物も

ある。

例えば引き出しが何段有ったか、左右どちらに付いていたとか、改めて聞かれると

答えられないことがある。

よくお医者さんや学者さんは、高齢者に言う事は

「何をするにしても意識してやりなさい」。それが歩く事でさえそう意識して

やれと言う事です。「今歩いている」と。

そうでなければ、蹴つまずき、転んで怪我をして、それで寝込んでしまうと

足が弱ってしまうそうです。実際そのような事で最後は寝たきりに成った人を

知っている。

歳を取ると良い事も有るが難儀な事もふえてくるものだ。油断大敵

d0355280_20495067.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-05-22 19:00 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)