タグ:絵手紙 ( 108 ) タグの人気記事

新築以来29年ぶりにTOTOのウォシュレットが壊れたのでアマゾンで
購入、取り換えた。
この程度の作業は、この歳に成ってもやれるが、やはり時間が掛かる様になった。
仕方のない事だが受け入れざるをえない。
しかしTOTOの製品はよくもったものだ。今回の取替で夫婦ともども居なくなる
まで行けそうだ。
什器備品は順番に壊れてくれたら経費も助かるが、よく同時に壊れる時がある。
数年前は給湯器、外壁工事、LEDの照明器具に取替と重なった時は参った。
たまたま臨時収入が入って来たので助かったが、年金生活者は融通が利きにくい。
あと壊れそうな物は応接間の大きめのエアコンと冷蔵庫が今年の夏には危ない。
今から心掛けておかなければと思っている。
d0355280_19312528.jpg
[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-15 08:19 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

私の終活

終活のはしりの時代は私もまだ若かった。その頃の終活は自分の死後の整理の為に
生前活動して置く事の様に私は受け取っていた。財産、墓、資産相続等々。
幸か不幸か私には整理する金目のものは無いし、墓を作っても、娘たちに世話を
掛ける事に成るだけだから、一心寺に納骨してくれれば良いと頼んである。
私の終活はリタイアーから死を迎えるまでの間、楽しく暮らすという事だけで
ある。
やる事は、体の動く間は釣り、普段はパソコンを利用したもので、ブログの投稿、
日常自分が使うソフト作り、そして本命の絵手紙、それにフイルム時代の写真で、

ため込んだネガをデジタル化して、整理する事だ。一応道具は揃えた。
それぞれ平行してやっているつもりだが、どうしても慣れた事や面白い物に
時間を割いてしまう。
今の余命はおまけの部分なので、おまけはそう永い物でもないだろう。だから
年寄りの割には時間を持て余す程の余裕も無い。
それで良いのだと自分に言い聞かせている。余命を充実した終活にしたい。


d0355280_08483181.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-14 05:38 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

居場所

歳を取ると広い家でも狭い家でも、自分の居場所が決まって来る。
夜の寝床を除けば、畳一枚にも満たないが狭いとも感じない。
家を建て替えたのは昭和天皇が崩御された年だからもう30年近い。
当時は予算の許す限り大きな家という思いで建てた。
今はもう子供達も嫁いで行ったので、彼らが子供を連れて帰って来た
時ぐらいしか狭さを感じない。
出掛ける処も決まっている。病院、コーナン、ローソン、百円ショップ、
月に一回は郵便局とアベノQsくらいでお終いだ。
こういうのを静かな生活で平和というのかも知れない。

d0355280_06023237.jpg
[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-11 04:59 | 終活中:シニアライフ | Comments(1)

爺馬鹿

これだけ歳を取ると自分に自慢出来るものが無いので、つい孫の事になる。
合計4人居るが、はたからみると何の変哲も無いのだが、長年見ていると
それぞれ良いものを持っている。
今年中学受験だった男の孫は、進学向私立を4校受験して全部受かって来た。
爺の私は全部受かると確信していたのに、親は針のむしろだったようだ。
意外と将棋を横で傍観している方が戦局が分ると昔の人が言っていたが、
そうなのかもしれない。
もう一人の孫は女子大の2期生で、一昨日の大手新聞の夕刊に、良い方の事で
舞台人の玉子として紹介記事を載せて貰った。
我々の家系で良い事、悪い事に関係なく、新聞に載ったのは初めてである。
二人とも先が楽しみだが、それまで私自身がもたないだろう。
頑張るのは重すぎるから、気楽に、静かに待つ事にしよう。
d0355280_21134402.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-10 04:39 | 終活中:シニアライフ | Comments(0)

物忘れ


原因は判らないが、高齢者でも物忘れに波が有るようだ。ひどい時は要件を三つ
メモに書いて玄関のカギを掛けてから、メモを持ち出すのを忘れた事に気づく。
鍵を掛け忘れる事は夫婦共々、出かける時は忘れることは無い。不思議な事に
家内は外出から帰って来た時に鍵を掛け忘れる。
一時期、eoのブログをやっていたが、ちょっとした理由でブログを一年少々
少々休んだが、その間、物忘れがてき面にひどく成った。その時はなぜか
理由は判らなかったが、再びブログを始めたら早々に物忘れが改善した。
昔から言われている事だが、ボケ防止には指を動かし、少々頭を使う事が良いと
されていたが、パソコンでブログを投稿するのが良かったのだろう。納得である。
もっと昔は獅子舞に頭を噛んで貰ったら、頭が良く成り、忘れ物をしなくなると
子供の頃は怖いながらも、噛んで貰った事を思い出した。古い話だが、穏やかな
情緒ある情景を思い出した。
d0355280_13311228.jpg


[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-09 04:47 | 絵手紙 | Comments(0)

画題

季節に応じた画題、品物を探し出せない事がよく有ります。
そういう時は百貨店、ショッピングセンターにデジカメかガラケー持参で
出かけます。
それでも収穫が無い時はインターネットの人と写真をつなぐ場所PHOTOHITO
(フォトヒト)を覗きます。昔カメラをいじっていた頃にアクセスしたサイトで、
少々やましい気分に成りながら、それを参考にして書き出します。
空想力とデザイン力が付くまでご勘弁ください。(来月4月で一年を目途に)

長女が生まれた時、義母からよく言われたものです。
「いつまでもお雛さんを飾っていると、嫁に行くのが遅れるよ」
もう少しゆっくりすれば良いものを、早々と22歳で嫁ぎました。d0355280_10533313.jpg
[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-08 00:00 | 絵手紙 | Comments(0)

私自身はそのように思っていないのだが、気が多い人と思われがちだ。
絵手紙に魅力を感じた切っ掛けは、今は無き永六輔さんが、年賀状を
出すのを止めて、旅先から友人、知人、家族に絵手紙を出されている事を
知り、彼の絵手紙を拝見する機会を得て、即絵手紙のファンに成った。
習い事は、最初から面白いと思わなければやってはダメと言われた事がある。
小学3年の時にソロバン塾に行かされ、三日坊主で辞めた事を思い出した。
当たっている。
初めて教えて貰った本流の絵手紙、水彩画系、漢字アート系、俳画系、
水墨画系、それに一字はがきと、色々やってみたい口なので自分ながら
大変と思っている。
それと今までのニックネームが鋭さより怖さを感じるので、カテゴリーに
合うように卯童と改名しました。よろしくお願いいたします。

これは年賀状を出す代わりに、寒中見舞いに出した葉書きです。
d0355280_21173112.jpg

[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-07 05:49 | 絵手紙 | Comments(2)

永年病院通いをしていた病が、新薬のお蔭で命拾いを致しました。
何とか滑り込みセーフの人生で終われそうです。
これからの余命はおまけと考え、大いに楽しく過ごそうと考えている時、
「終活の一環として絵手紙を始めては」と背中を押され、その気に成ったのが
昨年の1月でした。
最初は入門書と道具集めを始める一方で、どなたか指導していただける方を
探しました。
大阪市の生涯学習に絵手紙教室が4月より開講という事で、16人中、黒一点で
参加いたしました。
月に一回2時間と回数は少ないのですが、病み上がりにとっては丁度よく、
この2月で予定の10回が終わりました。体調が維持出来れば、あと2,3年は
通おうかと考えて居ります。
最初の内は講習会の前後しか、練習をしなかったので、腕が上がらず、終盤に
やっと練習の必要性を感じ、一日一度は関係の書物と筆を手にする様になりました。
同じ趣味をお持ちの方々へは、どうぞ色々と御指導下さいます様お願いいたします。

一番最初の作品(2016/4)
d0355280_06313968.jpg
[PR]
by crazy-sniper | 2017-03-06 06:55 | 終活中:シニアライフ | Comments(1)